ホーム>文京区ダンススタジオのブログ>日記

日記

文京区バレエ・ダンススタジオのブログ 今年も宜しくお願い致します!

かなり出遅れてしまいましたが、本年も宜しくお願い致します!

1年のうちのはじめ1月と2月は基礎固めのレッスンを意識して行っていきます。

3月ころからボチボチ発表会の事を考えながらどんな風にしようかしら??

なんてこと考えながら、参加する生徒さんの様子を見ながら策を練っています。

まるでお料理みたいで楽しいです・・・

振付を作るのも料理を作るのも似たところがあって、今ある素材を使って何を作るか?

出来れば美味しく仕上げたい!

ちょっと驚きがあった方がもっと良い・・・

どちらも作っている過程が好きで、出来上がってしまうとあとは私の手を離れてしまいます。

食べる時もソースやしょうゆをつけることもありますよね?

そこは食べる人がやれば良い・・・

振付もこうやった方が良いよ~とはアドバイスはしますけど、その人がどう踊るかはその人次第・・・

ね♪

さて、基礎固めの2か月ですよ~

頑張りましょう!!

文京区バレエ・ダンススタジオのブログ 応援してください!

発表会シーズンになると、よく聞こえてくる保護者の声・・・

なんで出来ないの?

〇〇がみんなと違う!

つま先がきれいじゃない・・・  などなどcoldsweats02

自分のお子さんにダメ出ししたくなる気持ちはよーくわかります・・・

もっと上手に踊ってほしい!きれいになってほしい!

親として当然の思いですよね。

ですが、よーく考えてください。親御さんがお子さんにダメ出しして、そのあとどのように指導されますか?

大抵、言いっぱなしなのではないでしょうか?

例えば、つま先が伸びていないと注意するとしますね。

つま先が伸びない理由をお子さんに伝えられますか? バレエにとってつま先を伸ばすのはとっても大事なことです。

ですが、つま先が伸びないのにはその使い方に原因があるのです。

身体の使い方を教えながら、踊りながらその原因を本人に伝えていく必要があるのです。

そこで、バーレッスンの時にこう使うんだよね?などと思い出させたり、感覚を伝えたりするわけです。

もし、そこまで考えてお子さんにダメ出しが出来るのだったら良いのですが、ただ言いっぱなしでは文句を言っているのと同じです。

それではお子さんたちはやる気を無くすか、ふくれっ面をするか、できない理由をまくしたてるかのいずれかでしょう・・・

それでは、成長できないと私は思います。虐待とまでは言いませんが、お子さんを苦しめているのは確かです。

私が子どもたちに怒っているように言ったり、ダメ出しをしているのは子どもたちの反応を見るためです。

一人一人反応は違うのですが、今出来るとか出来ないとかはどうでもいいのです。

一人一人が色々考えて頑張れるように仕向けているのです。100%出来なくても私が言っていることを理解しようと工夫している様子が見られれば声を大にして褒めます♪ 今はそれが大事な時期なのです。 自分で考える!工夫する!試行錯誤する!

大人から見たらまだまだ未熟ではありますが、そんな小さな事が種になり芽になり成長するんだと思っています。

ですから、どうぞ1人の人間としてお子さんを見てあげてください!

私に褒められるより、親御さんに褒められたほうがどんなに自信につながるか!

だから・・・応援してあげてください!!!

 

言ってしまった言葉を自分に言われたらどんな気持ちになるか考えてあげてください!!

親だって人間ですから、パーフェクトではないはずです。

いつからでも修正はできるはずです。親だって成長できますよ♪

バレエやダンスと同じレベルアップするためにはイメージを変えるのがよい手段だと思います!

子どもたちには素直にすくすくと成長してもらいたいのです!バレエやダンスなどの習い事はその人にとって、ほんのわずかな瞬間でしかないのかもしれません。ですが、少しでも関わった方々に何か少しでも伝えられたら幸せだと思っております。

チャコファミに関わったすべての方々が前に進んで歩んでいけますように・・・

と、願うばかりですsign03

 

 

文京区ダンススタジオのブログ 3/3(土)はビルメンテナンスのためスタジオはお休み

3/3(土)は湯島ビルド、水槽タンク工事のためスタジオはお休みとなります。

ひな祭りですね♪

皆さんでゆっくりお祝いくださいませhappy01

文京区ダンススタジオのブログ 本日大雪のためお休みします!

緊急のお知らせでも書きましたが、本日は大雪のためスタジオをお休みいたします。

どちら様もお気をつけてお過ごしください。

主要駅では帰るサラリーマンやOLさんでごった返していました・・・

無理に出かけないようにしてくださいねcoldsweats02

火曜日は晴れるそうなので大丈夫と思います!

文京区ダンススタジオのブログ 2018 始動♪♪

少し遅くなりましたが、チャコファミは1/5~2018のレッスンが始まりました♪♪

たくさんの方から、お年賀状をいただきありがとうございましたheart04

こどもクラス~おとなクラスまで、一人一人の心境をしっかりと伝えていただいているものが多かったような気がしますnote

しっかりと受け止めさせていただきますwink

今年も1ミリでも前に進めますように!

何かに気づけますように!

もちろん健康でありますように‼

スタジオに関わる皆さんがハッピーな年を過ごせますように!!!!

本年もチャコファミをどうぞ宜しくお願いいたしますscissors

文京区ダンススタジオのブログ 2017のレッスンすべて終了♪♪

2017年のスタジオのレッスンが全て終了いたしました!

本年も皆さんに支えられ、無事に終えられたことを嬉しく思っておりますhappy01

1年間終わってしまえばあっという間でしたが、充実した日々を送れたと思います♪

スタジオとしての大きなイベントは夏の発表会と冬のクリスマスおさらい会ですが、毎日の仕事の中やレッスンの中でたくさんの学びや気づきがありました!

あーやっぱり今まで続けてきて良かったなぁ~とつくづく思った1年でした!!

さて、来年は更に上を目指して頑張るのみですnote

やれることは、一生懸命やる! 休む時はしっかり休む・・・ 遊ぶときは楽しく遊び、仕事の時は細心の注意をもって臨むsign03

 

来年も皆さんとともにた~くさんの学びや気付きに出会いますようにsun

そして、みんな健康でありますようにsun

来年も楽しく勤勉に過ごしたいと思います♪♪

 

スタジオに関わっていただいた皆様にとって来年も良い年になりますように願っております。

そして、実りある日々を送れるように何事も手を抜かずに過ごせますように・・・

これは私の戒めとして・・・

 

それでは皆様sign01

良いお年をお迎えくださいませsign03

新年は1/5 金曜日から通常営業です。

 

来年もどうぞよろしくお願いいたしますhappy01

 

CHAKO

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問8 シェネを回りたい!その1

前回のピルエットに続いて今回はシェネについて・・・

バレエでは正式名称はトゥール・シェネでございます!

似ているパにストゥニュー・アントールナンがあります。

何が違うかと言いますとトゥール・シェネは終わりがないです。(続けられれば・・・の話ですが)

ストゥニュー・アントールナンは1回完結型の回転です。

話はさておいて・・・

シェネを回る準備として、回転のスポットを付ける練習をしましょう!

レッスンでもよくやっているのですが、手を腰に置いて横向きに進んでみましょう。何回も続けていくうちに目が回ってきませんか?

大丈夫だったらOK!good もし目が回ってしまい、どこを見ているのかわからなくなってしまうようだったらここから練習してみてください。

同じ場所を見続けて回った瞬間に首を反対に動かします。同時に、身体も半分回して元の場所を見ます。この頭の動きを使って振り返って見ることをスポット付けてと言います。

頭ではわかっているけど、なかなか想像通りには身体は動いてくれませんよね~~

だから、最初はゆっくりのテンポでやってみてください。

初めから早く動く必要は全くありません!

まずはスポットを付ける動かし方を自分の体にしっかりと覚えさえてくださいね。

それさえわかってしまえば良いのです! そこからは少しずつ動きを早くしていくと良いです♪

回るイメージは筒が回る感じではなく、カードが回る感じに近いです。

カードがパタンパタンと、表・裏・表・裏というように動かします。

そして、身体が回るイメージは円ではなくて直線です。

回転ドアを動かすときの事を思い浮かべてください。回そうとせずに直線に押したら回りますよね~?

中心が止まっているものに関しては直線の力で押せば回るはずです。

続きはまた次回に・・・

 

 

どうですか?イメージわきましたか?

 

20171126172738.JPG

 

 

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問7 ピルエットを回りたい!

ピルエット回りたい人このユ~ビ止ーまれgood

はーい!はーい!! きっとこのブログ読んでいる人はみんな手を上げていることでしょうね・・・

私も手を上げます!

そりゃ~もう!欲張りですからね・・・

もっと正確に!床に吸い付くように回りたいですsadsweat01

どこにでも書いてあるようなことをまず言いますが、

1.ルティレでルルベで立っていられる場所を確認しましょうね♪

見つかりましたか?

2.次に、床に踵を置いたままでも良いから腕を固定する筋肉を意識してみましょう。この腕が固定されていなければ、

回っている間に振り回されてしまいます。遠心力に負けないように腕もしっかりと止めましょう!

(この時は回るときの腕の形にしましょう。アンナバンが一般的(アンダーバストのあたりに掌が来るように横につぶした円を作ります。)

3.そして、ピルエットのプロパレーション(左足で回る場合左足が前の4番か5番に立ち、腕は右手が前で左手が横の位置に置きます)から両足でプリエをします。

プリエは前の脚が重心になるように行ってみてください。

4.プリエと同時か、やや先に右手をアラスゴンドに開きます。両手を集めるように立ちます。どこで集めるかというと、ゆっくり回るときは1/4円の時とします。

(早く回ったり回転数を増やす場合、1/2円で出来上がるやり方も練習してみるといいですよ!)

この時にルティレとルルベも同時におこないます。ここ大事です!   

つまり、身体が横を向いたときに回るときのポーズが出来ているということなんです!!

あとは振り返れば回れますよね?

プリエからピルエットの一連の動きをイメージしてみましょう!例えばこんな感じ・・・

びっくり箱の中に入っているとしましょう。足の裏にはバネがついています。頭は箱のふたを押し付けられています。
箱のふたを開けられたらいつでも飛び出していきたいのです!そんな感じで立ってみてくださいね~♪

いかがですかイメージ出来ましたか?

20171112163156.png

 

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問6リズム感その2

前回のブログの続きです♪(前回のを呼んでいない方はコチラ

さて、リズム感はある程度までは練習でできるようになるということをお伝えしましたhappy01

ではもう少し突っ込んだ話・・・

踊るときに脚と手と顔や体の角度などを使いますよね?

それぞれのパーツの動きはいくつのカウントでどこに動かすのか?または止まるのか?

これがバラバラだと動きが決まらなくなります!

例えば・・・

1カウント目で右足を出しながら右手を左腰に置く。

and(12のの部分)で左手を右胸に置く。

2カウント目で顔を正面に向けながら左足を出す。この時身体の向きは正面になります。

andで顔を右に向ける。

3カウント目で左足を右足に寄せる。と同時に右手を上げる。

andで顔を正面に向ける。と同時に、足を踏みかえて、左足軸で右足を曲げる。

4カウント目で右手の平は右頬に左手の甲を左の頬においてポーズを取る。

 

この中でおさらいをすると・・・

は1カウントで右足を出し、2カウントで左足を出す。(正面を向きながら) 3カウント目で左足を右足に寄せてandで足を踏みかえて4カウント目でまた踏みかえる。

は1カウント目で右手を左腰に置き、andで左手を右胸に置く。2カウント目はお休み。3カウント目で右手を上げ、4カウント目で右手の平は右の頬、左手の甲は左頬につける。

は1カウント2カウント目は進行方向に向いていて、2の次のandで顔を右に向ける。3の次のandで顔を正面に向ける。

 

パーツごとにバラしてみましたsweat01

どうですか?この振付わかりましたか?

ここからが大事!

1カウント目でやる動きはこれとこれ、2カウント目ではこことここが動く・・・ていう風にピックアップしていくと、踊りがはっきりしていきますnote

カウントもはっきりしてくるはずです。何となく真似るのではなくて、どの動きとどの動きが何カウント目に当てはまるのか??

という風にカウントの上に振りを置いていくようにすると、リズムよく踊れる様になりますよsun

これは、バレエでもジャズダンスでも一緒です。

何カウントの時にどこのパーツを揃えて動かすのか?

これ、大事です!

ついでに、ダンサーあるあるですhappy02

よく聞く話ですが、私は音取りが早いとか遅いとか言っている人いますよね~

はっきり言いますがこれはなおしたほうが良いですよ♪

聞いている音と身体がマッチしていないんです。

例えば、1カウント目で手を上げる振りがあるとしたら、その前に動かしてしまわないと1カウントの時に腕は上がりません。

1カウントの時に腕を上げ始めるのでは遅いのです。

これも練習で治るはずです。

究極の例えですが、マイケルジャクソンのPVで踊っているダンサーさんがユニゾン踊っていて音取りが遅いとか早いとか言えないですよね?

これが自分の音の取り方だからなんて通らないです。

仕事になりませんね・・・

ちょっとキビシイですが、音に合わせてカウント通りに踊る!ことで振りが合うんです。

ソロだったら気にしなくていいんですけどね~~~wink

ま、これは究極の例え話ですが、普段レッスンで踊るときに少し意識してみてくださいね。

とりあえずはカウントを取るところから始めてくださいね~paper

 

文京区バレエ・ダンススタジオのブログ よくある質問その6 リズム感を良くしたい!

今回はリズム感についてnote

リズム感が良い悪いは生まれつき?

 

もちろん個人差はありますよね。国によってもかなり違う気もします。

南米の方たちのリズム感ってスゴイなぁ~っていつも思います。

音が身体を突き抜けていくような踊り方してますもん! これは日本人にはとても真似できない・・・

もう、文化が違うんですね・・・手足の長さも・・・coldsweats01

あっ!話を戻しますsign01

リズム感を養うには音楽を聴く機会を増やしてみてください。

で、音を何となく聞いていないでカウントを取ってみてください。

最初は音のアクセントのはっきりしたものから始めましょう。

なんでも良いのです。好きな音楽でやってみてください。

たいていの曲は8カウントで取れると思います。

12345678123456781234・・・

みたいに音に合わせてカウントをかけてみましょう!

出来ましたか?

では、次に音に合わせて手を叩いてみましょう!(表拍子12345678の場所です)

出来ましたか?

では次に裏拍子で手を叩いてみましょう!(1と2と3と4と5と・・・の、の場所です)

いかがだったでしょうか?

では次に音に合わせて歩いてみましょう。

最初は表拍子で16カウントくらい歩いてみましょう。

次に裏拍子で同じく歩いてみましょう。

いかがでしたか?

表拍子はできても裏拍子になるとできなくなる方多いと思います。

なんで~なんで出来ないの~?

やっぱりリズム感がないんじゃ・・・

違います! 経験が少ないだけです!!

ココは練習で乗り切れるんです。

もっと複雑な動きになることもありますけれども、まずはここからクリアーしてみてください。

リズム感は音を取ることに慣れてくると、ある程度出来るようになります。

今回はこれくらいにしておきますねhappy01

次回はもう少し突っ込んだお話をしていこうと思いますup

全部できた方も次回をお楽しみに~