ホーム>文京区ダンススタジオのブログ

文京区ダンススタジオのブログ

文京区ダンススタジオのブログ よくある質問その8 シェネを回りたい!その2

前回に引き続きシェネです。

このトゥール・シェネには回り方が2種類ありまして、5番と小さい4番を使うように回るやり方と1番でずっと回るやり方があるそうです。

私は余先生から5番4番のほうのやり方を教えていただきました。

ですが一般的には1番で回るほうが多いみたいですね・・・coldsweats01

どっちでも良いですが、きちんと回れれば良いのです♪♪

自分でやりやすく、内ももを感じて軸をしっかりと取れる方を選べばよいと思います。

そして!!

こういった技術系のものでは、やはり姿勢をキープすることがとーっても大事なんです!

その為の日々のレッスンなんですね・・・

なかなか一言では言い表せないですが・・・

トゥール・シェネだけではないですが腕で回ってしまってはコントロール不能となります。

よほど強い軸が必要となります。腕だけで回っているダンサーさんはあまり見かけないですがthink

そして、もう一つ大事なこと!

このトゥール・シェネは片足の体重移動の繰り返しをしながら回ります。

回るときに両足にどっかりと体重を乗せて回ってしまうと前に進む力が半減しますよ~

つまり、右・左・右・左・・・としっかり体重を1本の脚に乗せて半分ずづ回転と続けながら前に少しずつ進んでいきます。

ちょっと広いところで練習してみてくださいね~

20171213181332.png

文京区バレエ・ダンススタジオのブログ 自分で筋肉ほぐせるセルフケアやります!!

とってもとっても久しぶりなのですが、さとう式リンパケアのセルフケア講座を行います。

年末12/29(金)14:15~15:45 人数によっては少し伸びるかもしれません・・・

肩こりや腰痛ももちろんですが、食いしばりからくる首こりなどもご自分の手やタオルを使って緩めていきます。

意外と固くなっている大胸筋・・・そのせいで巻き肩になったり姿勢が悪くなり、縮んだ筋肉に引っ張られて伸ばされた筋肉が痛み出す・・・

こんな事が多いようです。

踊りに必要不可欠な大腰筋・・・ここが固くなると反り腰になりやすく腰痛も出やすいみたいです。ターンアウトしたくても腰が反っていては開きにくいのです!

いつも疲れているふくらはぎ・・・踊る人はもちろん疲れていますが、それがふくらはぎのどの部分が固くなっているのか?ふくらはぎが緩めばルルベやプリエがしやすいかも!?

これらは一例ですから必ずしもそこが原因かどうかは人それぞれ違うと思います。

出来るだけお一人ずつチェックして固くこわばる原因を見つけて、改善の方法を探っていきたいと思います。

やり方のコツさえわかれば簡単に自分でほぐせますよ♪

それに、あまり時間はかかりませんし無理な動きをするわけでもありません。

 

お時間の都合の付く方よろしかったらどうぞ♪

チャコファミメンバーは4000円

メンバー以外は5000円となります。

薄手のバスタオルをお持ちください。

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問8 シェネを回りたい!その1

前回のピルエットに続いて今回はシェネについて・・・

バレエでは正式名称はトゥール・シェネでございます!

似ているパにストゥニュー・アントールナンがあります。

何が違うかと言いますとトゥール・シェネは終わりがないです。(続けられれば・・・の話ですが)

ストゥニュー・アントールナンは1回完結型の回転です。

話はさておいて・・・

シェネを回る準備として、回転のスポットを付ける練習をしましょう!

レッスンでもよくやっているのですが、手を腰に置いて横向きに進んでみましょう。何回も続けていくうちに目が回ってきませんか?

大丈夫だったらOK!good もし目が回ってしまい、どこを見ているのかわからなくなってしまうようだったらここから練習してみてください。

同じ場所を見続けて回った瞬間に首を反対に動かします。同時に、身体も半分回して元の場所を見ます。この頭の動きを使って振り返って見ることをスポット付けてと言います。

頭ではわかっているけど、なかなか想像通りには身体は動いてくれませんよね~~

だから、最初はゆっくりのテンポでやってみてください。

初めから早く動く必要は全くありません!

まずはスポットを付ける動かし方を自分の体にしっかりと覚えさえてくださいね。

それさえわかってしまえば良いのです! そこからは少しずつ動きを早くしていくと良いです♪

回るイメージは筒が回る感じではなく、カードが回る感じに近いです。

カードがパタンパタンと、表・裏・表・裏というように動かします。

そして、身体が回るイメージは円ではなくて直線です。

回転ドアを動かすときの事を思い浮かべてください。回そうとせずに直線に押したら回りますよね~?

中心が止まっているものに関しては直線の力で押せば回るはずです。

続きはまた次回に・・・

 

 

どうですか?イメージわきましたか?

 

20171126172738.JPG

 

 

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問7 ピルエットを回りたい!

ピルエット回りたい人このユ~ビ止ーまれgood

はーい!はーい!! きっとこのブログ読んでいる人はみんな手を上げていることでしょうね・・・

私も手を上げます!

そりゃ~もう!欲張りですからね・・・

もっと正確に!床に吸い付くように回りたいですsadsweat01

どこにでも書いてあるようなことをまず言いますが、

1.ルティレでルルベで立っていられる場所を確認しましょうね♪

見つかりましたか?

2.次に、床に踵を置いたままでも良いから腕を固定する筋肉を意識してみましょう。この腕が固定されていなければ、

回っている間に振り回されてしまいます。遠心力に負けないように腕もしっかりと止めましょう!

(この時は回るときの腕の形にしましょう。アンナバンが一般的(アンダーバストのあたりに掌が来るように横につぶした円を作ります。)

3.そして、ピルエットのプロパレーション(左足で回る場合左足が前の4番か5番に立ち、腕は右手が前で左手が横の位置に置きます)から両足でプリエをします。

プリエは前の脚が重心になるように行ってみてください。

4.プリエと同時か、やや先に右手をアラスゴンドに開きます。両手を集めるように立ちます。どこで集めるかというと、ゆっくり回るときは1/4円の時とします。

(早く回ったり回転数を増やす場合、1/2円で出来上がるやり方も練習してみるといいですよ!)

この時にルティレとルルベも同時におこないます。ここ大事です!   

つまり、身体が横を向いたときに回るときのポーズが出来ているということなんです!!

あとは振り返れば回れますよね?

プリエからピルエットの一連の動きをイメージしてみましょう!例えばこんな感じ・・・

びっくり箱の中に入っているとしましょう。足の裏にはバネがついています。頭は箱のふたを押し付けられています。
箱のふたを開けられたらいつでも飛び出していきたいのです!そんな感じで立ってみてくださいね~♪

いかがですかイメージ出来ましたか?

20171112163156.png

 

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問6リズム感その2

前回のブログの続きです♪(前回のを呼んでいない方はコチラ

さて、リズム感はある程度までは練習でできるようになるということをお伝えしましたhappy01

ではもう少し突っ込んだ話・・・

踊るときに脚と手と顔や体の角度などを使いますよね?

それぞれのパーツの動きはいくつのカウントでどこに動かすのか?または止まるのか?

これがバラバラだと動きが決まらなくなります!

例えば・・・

1カウント目で右足を出しながら右手を左腰に置く。

and(12のの部分)で左手を右胸に置く。

2カウント目で顔を正面に向けながら左足を出す。この時身体の向きは正面になります。

andで顔を右に向ける。

3カウント目で左足を右足に寄せる。と同時に右手を上げる。

andで顔を正面に向ける。と同時に、足を踏みかえて、左足軸で右足を曲げる。

4カウント目で右手の平は右頬に左手の甲を左の頬においてポーズを取る。

 

この中でおさらいをすると・・・

は1カウントで右足を出し、2カウントで左足を出す。(正面を向きながら) 3カウント目で左足を右足に寄せてandで足を踏みかえて4カウント目でまた踏みかえる。

は1カウント目で右手を左腰に置き、andで左手を右胸に置く。2カウント目はお休み。3カウント目で右手を上げ、4カウント目で右手の平は右の頬、左手の甲は左頬につける。

は1カウント2カウント目は進行方向に向いていて、2の次のandで顔を右に向ける。3の次のandで顔を正面に向ける。

 

パーツごとにバラしてみましたsweat01

どうですか?この振付わかりましたか?

ここからが大事!

1カウント目でやる動きはこれとこれ、2カウント目ではこことここが動く・・・ていう風にピックアップしていくと、踊りがはっきりしていきますnote

カウントもはっきりしてくるはずです。何となく真似るのではなくて、どの動きとどの動きが何カウント目に当てはまるのか??

という風にカウントの上に振りを置いていくようにすると、リズムよく踊れる様になりますよsun

これは、バレエでもジャズダンスでも一緒です。

何カウントの時にどこのパーツを揃えて動かすのか?

これ、大事です!

ついでに、ダンサーあるあるですhappy02

よく聞く話ですが、私は音取りが早いとか遅いとか言っている人いますよね~

はっきり言いますがこれはなおしたほうが良いですよ♪

聞いている音と身体がマッチしていないんです。

例えば、1カウント目で手を上げる振りがあるとしたら、その前に動かしてしまわないと1カウントの時に腕は上がりません。

1カウントの時に腕を上げ始めるのでは遅いのです。

これも練習で治るはずです。

究極の例えですが、マイケルジャクソンのPVで踊っているダンサーさんがユニゾン踊っていて音取りが遅いとか早いとか言えないですよね?

これが自分の音の取り方だからなんて通らないです。

仕事になりませんね・・・

ちょっとキビシイですが、音に合わせてカウント通りに踊る!ことで振りが合うんです。

ソロだったら気にしなくていいんですけどね~~~wink

ま、これは究極の例え話ですが、普段レッスンで踊るときに少し意識してみてくださいね。

とりあえずはカウントを取るところから始めてくださいね~paper

 

文京区バレエ・ダンススタジオのブログ よくある質問その6 リズム感を良くしたい!

今回はリズム感についてnote

リズム感が良い悪いは生まれつき?

 

もちろん個人差はありますよね。国によってもかなり違う気もします。

南米の方たちのリズム感ってスゴイなぁ~っていつも思います。

音が身体を突き抜けていくような踊り方してますもん! これは日本人にはとても真似できない・・・

もう、文化が違うんですね・・・手足の長さも・・・coldsweats01

あっ!話を戻しますsign01

リズム感を養うには音楽を聴く機会を増やしてみてください。

で、音を何となく聞いていないでカウントを取ってみてください。

最初は音のアクセントのはっきりしたものから始めましょう。

なんでも良いのです。好きな音楽でやってみてください。

たいていの曲は8カウントで取れると思います。

12345678123456781234・・・

みたいに音に合わせてカウントをかけてみましょう!

出来ましたか?

では、次に音に合わせて手を叩いてみましょう!(表拍子12345678の場所です)

出来ましたか?

では次に裏拍子で手を叩いてみましょう!(1と2と3と4と5と・・・の、の場所です)

いかがだったでしょうか?

では次に音に合わせて歩いてみましょう。

最初は表拍子で16カウントくらい歩いてみましょう。

次に裏拍子で同じく歩いてみましょう。

いかがでしたか?

表拍子はできても裏拍子になるとできなくなる方多いと思います。

なんで~なんで出来ないの~?

やっぱりリズム感がないんじゃ・・・

違います! 経験が少ないだけです!!

ココは練習で乗り切れるんです。

もっと複雑な動きになることもありますけれども、まずはここからクリアーしてみてください。

リズム感は音を取ることに慣れてくると、ある程度出来るようになります。

今回はこれくらいにしておきますねhappy01

次回はもう少し突っ込んだお話をしていこうと思いますup

全部できた方も次回をお楽しみに~

 

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問5 引き上げって何??パート2

前回引き上げについてお話させていただきました。

前回のお話はコチラ

で、上半身は次回ということだったので続きを書きたいと思います。

簡単に言います!

下半身の場所が決まったら、その上に上半身を乗せる・・・

え?coldsweats02

そんなの当たり前よ~~~~!!

そんな言葉が聞こえそうですが・・・

もう一度言い直しますね・・・

下半身の上にセンターを決めて上半身を乗せる!

何言ってんだよ~~~~!!

まだ声が聞こえそうです・・・

何が言いたいかというと、まずはアライメントを整えましょうと言いたいのです。

下半身がどんな位置にあれ上半身は(この場合ウエストから上です)は常に左右対称になります。

(ポーズによってはそうでないこともありますが、基本的な考え方です)

いつも両足体重とはいかないですよね? ルティレだったり、アチチュードやアラベスクだったりしますよね。

その時下半身は左右対称じゃない・・でも上半身はいつも左右対称に置いておきます。(腕の形は無視してくださいね。体幹部に注目です。)

この時に気を付けなくてはいけないのは見た目が左右対称というより上半身の力加減が左右対称であるべきだと思います。

肩を無理やり下げたり引いたりして、見た目だけを整えてはまずいということです。

リラックスした状態で下半身の上に上半身が乗っていることが理想的だと思います。

下半身のセンターと上半身のセンターを合わせたら背を高くして立ってみましょう♪

言葉で言うのは簡単ですが、やるのはなかなか難しいですが、これも何度も練習してみれば何とかなるものです。

レッスンの中でも出来るだけお伝えしていきたいと思います。

2017102319952.jpg

 

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ パパママ倶楽部子ども達の力作!ハロウィーン‼

昨日、15日はパパママ倶楽部がありました。

パパママ倶楽部のレッスン中、待っている間に子供たちはあっこ先生と力を合わせてハロウィンの飾りを作ってくれましたよ♪

スタジオ裏は今やパパママ倶楽部の子供たちの工作展示室となっていますhairsalon

この雰囲気はチャコファミならではなのではないでしょうか?

レッスン中は厳しいことも要求しますが、レッスン以外は子供も大人もフレンドリーhappy01

スタジオ裏と更衣室はコミュニティー広場みたいになっています・・・

 

11月の時にはそろそろクリスマスの飾りを作ってくれるのかな~?

パパママ倶楽部、次回は11/5と11/19を予定しております。

 

子どもたちの作品が楽しみであります!

2017101619150.JPG  2017101619236.JPG

 

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ よくある質問5 引き上げって何??

今回は経験者さんからのご質問にお答えします。

 

引き上げって・・・ 何・・・??

 

私もそう思った事のあるひとりでありますsweat02

大体どうやったら引きあがるもんか・・・?

ね?そう思いますよね??

 

よくクラスで先生たちが使われる『引き上げて!!』

言葉だけで捉えてしまうと、息が上ずって結果呼吸困難に・・なんて事もレッスンあるあるですね~

さあ!よく考えてみましょう♪

上がるということは押さなければ上がらないのですね!

どこを?

簡単に言うと足裏を股関節で押す!

 

難しいですか・・・?

じゃ、腕に置き換えてやってみてください。

テーブルの前に立ってみましょう。

上からテーブルを指先だけで下に押すと、前腕部分が張ってきてしまいますよね?

では、次に腕全体をテーブルに押し付けて肩から押してみてください。

楽に押せて、テーブルを押すと同時に身体がテーブルから離れるのを感じると思います。

これを脚でやってみてくださいconfident

わからない場合は極端に!

片足体重で休め!の状態にしてみましょう。思いっきり全身の体重が1本の脚にドーンとかかって重いですよね?

では、その体重のかかっている脚で床を押しながら、休め!から伸びるように立ってみましょう。

しぼんだ風船が膨らむような感じです。

どうですか?うまくいきましたか?下の図の丸の付いている所で床を押し離す感じです。

伝わったかな~?

引き上げってそこだけではないのですが、まずは床を脚から離すように押すことって大事だと思います。

あくまで私の個人的な意見ですけど・・・

上半身についてはまた次回にしますね♪

 

20171011185552.png

文京区ダンス・バレエスタジオのブログ 土曜こどもクラス 特訓♪

 

昨日の土曜こどもクラスは雨のせいか、イベントのせいか、はたまた連休のせいなのか・・・

少人数の3人でしたcoldsweats01

そして、3人とも小学2年生sign01 それもとってもやる気満々のお3人さんですsign03

出来るだけ子どもにもわかるように体の軸についてお話しながら、棒を使いながら自分の軸を作って横のタンジュの特訓~

かしこいわ~happy02 さすが、みんな2年生!

3人とも、しっかりとイメージを掴み取りました。

そして、本日は日曜子こどもバレエ。。。

日曜日は少ないのでほとんど個人レッスンな感じです。

毎週必ず来てくれる4年生がいます。

そして、今日も特訓catface

バランスパッドを使って足の裏を感じてプリエしたりルルベしたり、ジャンプしたり・・・

中々、濃い内容となりました!ですが、コチラもかしこいhappy02

一生懸命、私の言っていることを理解しようとしてくれます。

今日の名言 「バレエって脳を使うんですね~」 はい!ご名答good

お勉強の出来る出来ないと関連があるかどうかはわかりませんが、想像力と理解力そして実践力が必要となります。

頑張れ~‼ こどもクラスのバレリーナたちnote

 

2017108144344.JPG